中国の「ゼロコロナ」政策は正しい!

 「ゼロコロナ」政策は、間違っていない。これだけは、私は中国を信用する。

 なぜ?実務では、ゼロにすることができないから、政策だけは、ゼロにしなければならないのだ。「withコロナ」なんかやってみろ。愚民たちが直ちに羽目をはずして、ウィルスを撒き散らし、そのうち収拾がつかなくなる。

 ゼロコロナ政策、厳罰に徹して、はじめて辛うじて小康状態が保てる。国民がつらくても、我慢してもらうしかない。大方は愚民であるから、そうしないと国がひっくり返る。

 「ゼロ事故」といえば、誰もが納得するが、「ゼロコロナ」といったら、いやそれは無理だと。おかしくない?コロナをゼロにすることができないから、「withコロナ」でいい。だったら、事故も物理的にゼロにできないから、「with事故」でやろうではないか。

 収まっているようにみえても、日本国内は終わっていない。マレーシアも危ない。接種率が80%に届くマレーシアは、1日あたり感染者5000人前後で一進一退している。そうしたなかで、どんどん開放し、シンガポールとの往来も再開するという。無謀だ。コロナは間違いなく再来する。

 「ゼロコロナ」政策こそが、「withコロナ」の最善策だ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。