【セミナー】賃金法公布に伴う影響と対応(上海2/2、3、4)

いよいよ最後の砦も、総攻撃の包囲網が!
解雇難に賃上げの法定義務化、どう対応するか?

■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■
★「 賃 金 法 」 公 布 に 伴 う 影 響 と 実 務 対 応 セ ミ ナ ー★
公布へカウントダウン、緊急開催!
◆ <上海会場> 2月2日(火) 13:30~17:30 ◆ 【満 席】
◆ <上海会場> 2月3日(水) 13:30~17:30 ◆ 【満 席】
◆ <上海会場> 2月4日(木) 13:30~17:30 ◆ 【受付中】
■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■※■

 「労働契約法」で解雇難に苦しんでいる企業には、幸いにも賃金制度という最後の砦が取り残されていました。賃金制度の活用によって、硬直化した雇用制度を何とか起死回生させ、最後の活路を確保してきました。
 しかし、今、企業のこの最後の砦、賃金制度にも総攻撃の包囲網が張られようとしています。「賃金法」(「賃金支払条例」)の法案化は、いよいよ本格化し、公布へ向けてカウントダウンが始まっています。法的拘束力のない従来の賃上げ指導ラインから変質し、経済成長に連動した賃上げメカニズムの確保がいざ法律によって義務化されれば、在中企業の人件費コストのみならず人事制度ないし人事戦略全体には、計り知れない影響が及びます。「賃金法」とは何か、予測ベースで法案の主な内容を分かりやすく解説し、そして、企業実務レベルにおける対策、「頼みの綱」を提示します。是非、奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。

■【予定主要内容】:
  ◆ 「賃金法」の立法背景と中国法の賃金に対する規制・政策の解析
  ◆ 従業員の正常な賃上げメカニズムとは?
  ◆ 「同一労働同一賃金」原則の理解と適法性の確保
  ◆ 賃金は誰が決めるのか、集団交渉制度とは?
  ◆ 企業賃金制度でよく見られる問題点と改善策
  ◆ 賃金制度設計で必ず把握しなければならない法律問題
  ◆ 組織構造・等級職位編成案の設計上の適法性と合理性
  ◆ 賃金構造の設計上の適法性と合理性
  ◆ 福利と賃金の関係、福利の活用方法
  ◆ 職位給・業績給の設計方法と運用要領
  ◆ 営業職の歩合制、成果報酬型賃金制度の設計方法と運用要領
  ◆ 休暇・残業・休出・医療期間賃金の法律規定、取り扱い要領とリスク回避
  ◆ 労務派遣と非全日制賃金・労働時間管理制度
  ◆ 残業代の請求時効、立証責任と訴訟対策
  ◆ 勤怠制度の規範化
  ◆ 賃金絡みの労働紛争トラブルへの対策と処理方法
  ◆ 質疑応答・事後回答質問受付

■【講   師】:  立花 聡  エリス・コンサルティング 総代表兼首席コンサルタント
 華東政法大学 法学博士研究生 (中国労働法、経済法)、復旦大学法学修士、中欧国際工商学院経営学修士(MBA)

■【特別顧問】:  董 保華  教授・律師(弁護士)、エリス・コンサルティング 首席法律顧問

■【講師補佐】:  周 淳 律師(弁護士)、エリス・コンサルティング 法律顧問

■【受講対象者】:  日系企業総経理、人事・総務・法務責任者・担当者、その他管理職

■【日時・会場】:
<上海会場>
 2010年2月2日(火) 13:30~17:30 (13:00開場) 【満席】
 2010年2月3日(水) 13:30~17:30 (13:00開場) 【満席】
 2010年2月4日(木) 13:30~17:30 (13:00開場)
 上海市淮海中路1498号 上海鴻藝会3階 会議場 (会員制クラブ Ambassy Club 内)
 [アクセス] 淮海中路・烏魯木齊路交差点西北側、米国領事館の向かい側、淮海中路に面して中央正面エントランスの東側棟(烏魯木齊路寄り)の3階です。

■【定  員】:  上海各会場40名様(合計120名様)
 受付順満席になり次第締め切らせていただきます。

■【特  典】:  なし。

■【受講料】(資料費込):
 □ 一般参加・・・・・・・・・・・・・・・1,300元/名
 □ ERIS法務会員様・・・・・・・・・・900元/名
 □ ERIS顧問会員様・・・・・・・・無料 (2人目より 900元/名)
 □ 上記所属が分かりません・・・当社スタッフがご案内致します 

■【参加申込】: 下記申込書にご記入のうえ、こちらまでご返信ください。

■【お問い合わせ】: 電話:86-21-6249-4882 メール

■■■■■■■■■■ ERISセミナー参加申込書 ■■■■■■■■■■
参加申込書の 返信先
(1)会社名:____________________ 
(2)部署名:___________
(3)お名前:___________ 
(4)E-mail:___________
(5)TEL:___________
(6)FAX:___________
(7)住所:__________________________
(8)「『賃金法』公布に伴う影響と実務対応セミナー」への参加を申し込みます。    
 □ <上海会場> 2月2日(火) 13:30~17:30
 □ <上海会場> 2月3日(水) 13:30~17:30
 □ <上海会場> 2月4日(木) 13:30~17:30
(9)ご参加者:__名
 ① お名前:_____ 役職:___ E-mail:________
 ② お名前:_____ 役職:___ E-mail:________
(10)受講料(教材資料込): 
 □ 一般参加・・・・・・・・・・・・・・・1,300元/名
 □ ERIS法務会員様・・・・・・・・・・900元/名
 □ ERIS顧問会員様・・・・・・・・無料 (2人目より 900元/名)
 □ 上記所属が分かりません・・・当社スタッフがご案内致します 
 上記 □ いずれかをご選択ください。折り返し請求書送付をもって振込先をご案内致します。領収書は郵送又は当日お渡しとなります。セミナー・研修会開催7日前以降のキャンセルは、受講料をお返しできません (ご参加者の変更可)。
(11)ご質問記入欄:__________________
 ※ なるべく具体的にご記入ください。ご質問は、当日まとめて講師から貴社名匿名にてご回答いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。