法治は存在しない、世にあるのは人治のみだ

 リトアニア、スロバキア、ラトビア、エストニアの4か国が、EUが凍結したロシアの資産を没収するよう提案する方向だ。

 最近の西側諸国はややもすれば、「資産没収」。これは資本主義、民主主義を完全否定するものであり、共産主義そのものだ。西側文革にほかならない。

 資本主義の原点は、「物権」。これを捨てたら、もう終わりだ。

 私の中国留学ロースクール時代、某教授から「法律よりもまず政治を勉強しなさい」と助言された。政治は法律を決める、政治は法律の解釈を決める、政治は法律の運用を決める。そして、政治の奴隷になった法律は一人ひとりの運命を決める。法治などはない。世にあるのは人治のみだ。

 共産国家の法学者ならではの「政治重視」ではないかと思ったが、昨今の西側世界の挙動をみて、私は確信した。世界は「人治」によるものだ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。