ロバと犬とサルの歳

 むかしむかし、生き物を創った神様が、その生き物たちの寿命の長さを決めようとした。「うーん、30年ぐらいでいいかな?」

 するとそこへロバがやってきて、神様に言った。
 「神様、わたくしの寿命は、何年にしていただけましょうか?」
 「そうだな。30年ではどうかね?」
 神様の言葉に、ロバは悲しそうに言った。
 「30年は、長すぎます。わたくしは朝から晩まで、重い荷物を運ばなければならないのです。そんな暮らしが30年も続くなんて、ひどすぎます。どうか寿命を、もう少しお減らしください」
 「なるほど」
 そこで神様は、ロバの寿命を18年にした。

68543_2

 ロバが立ち去ると犬がやってきたので、神様が聞いた。
 「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?ロバは30年では長すぎると言ったが、お前はそれでよかろう」
 すると犬は、こう答えた。
 「わたくしの足は、30年も走れるほど丈夫ではございません。それに歯も、10年やそこらで抜けてしまいます。走る事も出来ず、噛みつく事も出来ない体では、長生きしても仕方がありません」
 「なるほど」
 そこで神様は、犬の寿命を12年にした。

 犬が帰ると、次にサルがやってきた。
 「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?ロバや犬は30年は長すぎると言ったが、お前は30年にしても大丈夫だね」
 「いいえ、神様」
 サルはつらそうに言った。
 「わたくしの猿生は、いつも人を笑わすためにおかしなイタズラをしたり、変な顔をしたりすることです。そんな恥ずかしい猿生が30年も続くなんて、とても我慢出来ません」
 「なるほど」
 そこで神様は、サルの寿命を10年にした。

68543_3

 最後に、人間がやって来た。
 「今、生き物の寿命を考えているのだが、お前はどのくらい生きたいのかね?ロバも犬もサルも30年は長すぎると言ったが、お前は30年でもかまわないね」
 神様が言うと、人間はがっかりして答えた。
 「30年とは、なんて短い寿命でしょう。やっと自分の家をたてて、これから人生を楽しもうという時に、なぜ死ななければならないのですか?お願いです。もっと寿命をお伸ばしください」
 「なるほど、ではロバの分の18年を足してやろう」
 「18年を足しても、たったの48年です。それでは足りません」
 「では犬の分の12年も、足してやろう」
 「さらに12年を足しても、たったの60年です。まだまだ、少なすぎます」
 「よし、それではサルの分の10年もたしてやろう。これでもう、おしまいだよ」
 神様はそう言って、人間を帰らせた。

68543_4

 このようなわけで、人間の寿命は70年となったのだ。はじめの30年は、人間が元から持っている寿命だった。人間はその30年間に、子どもをつくって家をたてる。次に来るのが、ロバの18年です。この18年間は、色々な重荷を背負わされる。家族のために、一生懸命に働かなくてはならない。そして次に、犬の12年がやってくる。この頃になると足腰が弱くなり、歯も抜けていくのだ。そして最後に来るのが、サルの10年。だんだんと頭がにぶくなり、笑われるつもりはなくても、おかしな事をして笑われる事がしばしばある。

 これが人間の、一生なのだ。

 私もいよいよ犬の歳に入ろうとしている。そして、サルの年に備えて何をしたらいいのか、考えなくてならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。