高生産性とは?デンマークの空港運営事例

 北欧旅行の際、私はコペンハーゲン空港であることを見た。航空機のプッシュバック作業は、ワンマン(1人の作業員)で行われていた。一瞬自分の目を疑った。

 航空機が出発する際に、まずエプロンからプッシュバックする(機体を後退させて移動する)。日本の場合、通常この作業に係る作業員は2~3名。トーイングカーを運転するトーイングマン1名と、移動する機体と一緒に歩き状況を確認するウォッチマン1~2名という人員構成である。そして、プッシュバックを終了し、飛行機がタキシングを開始すると、作業員全員が整列し、航空機にお辞儀し、手を振るというお馴染の風景である。

・・・・・・≪顧客向けレポートに転用するため、以下削除させていただきました。ご了承ください。≫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。