アラブの旅(16)~クウェート料理のセピア色の影を求めて・・・

<前回>

 料理にも新旧の顔がある。前衛的なコンテンポラリー料理よりも、私はノスタルジックな「陳腐派」の部類を好む。クウェート料理のセピア色の影を求めて、やってきたのは、ここ――。

 「Shatea Alwatyia Restaurant」。タクシーは迷子になって途中で1回交替して、2人目の運転手も一苦労してやっとたどり着いた店は、クウェートの繁華街から外れた荒涼な空き地の一角にある古民家であった。

 これ以上ないノスタルジックなレストランだ。場末感たっぷり。というよりも、客はほかに誰もいない。懐旧ムードに浸かるまではただただ心細さで動揺していた。大丈夫だろうか。

 それは大丈夫どころか、素晴らしい料理を出してくれたのだった。まず、鶏レバーのザクロソース炒め。これももう絶品中の絶品。フォアグラ顔負けの出来だ。いや、むしろフォアグラの脂濃さがなく、鶏レバーのほうが上等ではないか。キンキンに冷えたウォッカのショットがあれば、グイッと昇天するに間違いなし。

 考えちゃだめ。酒のこと。ここはクウェートだ。酒が飲めないので、早速とメインに入る。

 蝦カレーは、見た目では全然色気ないが、味は一流。これはいわゆるクウェート流おふくろの味だろう。さらに魚料理。本日は低級魚のZubaidi焼き。ヒラメかマナガツオか、その中間くらいの魚だ。その素朴さと美味、もう言葉が出ない。

 クウェートという国は、日本人に馴染み薄い。観光でやってくる人も少ない。だが、この国は湾岸戦争や石油だけではない。セピア色の影がちゃんとあったのだ。

<次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。