【判例】喫煙行為による懲戒解雇、重大な規則違反に当たるか否かの司法判断

【判例】  中国某地Z社でシャワー室管理員を務めていたQさんは、残業中にシャワー室の更衣室で喫煙し、これが重大な規則違反であるとして解雇された。Qさんはこれを不服とし、浴場での喫煙は違反の性質として「
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。