南部アフリカ紀行(6)~非日常的な景色、ナミビアの美しい大砂漠

<前回>

 ナミビアといえば、砂漠。いよいよ、メインイベントだ。

 5月6日(日)。早朝、日の出前にナミブナウクルフト公園の入り口、セスリウム(Sesriem)へ向かう。日の出を迎える砂漠が赤く染まっていく風景は感動的だ。

 砂漠というよりも、砂丘の連続といったほうが適切だ。ソススフレイ(Sossusvlei)の砂漠ドライブはデューン45(Dune 45)やデッドフレイ(Dead Vlei)といった定番スポットを回り、非日常的な景色を満喫する。

 風紋の美しさ、砂漠の真ん中に枯れた大木の数々・・・。

 やはり非日常的だ。

<次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。