ウィスキーの話、日本ではなぜハイボールが流行しているか

 海外から日本に戻ってきてみると、いろんな風景が不思議に見えるのだ。

 ハイボール。日本では何でこんなにハイボールが流行っているのだろうか。どんなレストランや飲み屋に行っても、大体目立ったところにハイボールのメニューがある。以前、飲み物の利益率を調べたことがあったが、記憶したところでは確かにハイボールの利益率が一番高い。

 業者はもちろん利益の高い商品を売りたいわけだ。すると熱心に宣伝する。悪いことではない。消費者も喜んで買ってくれれば、それでウィンウィンなのだ。

 ハイボールを売るためにも、マーケティングの諸手法が講じられている。モノが売れない時代に、ヒット商品をうまく流行させるのも容易ではない。ストーリーを作ったり、格好いいイメージを作り上げたり、いろいろと業者やマーケターが頑張っている世の中だ。

 私のような少々意地悪な消費者は、金の使い方がかなりシビアなので、アルコール飲料の1つを取っても、原価率を密かに計算するわけだ。妻にもいつも言われる。「もう少しリラックスすれば」と。なかなかその辺はリラックスできないのが職業病なのかもしれない。

 ハイボールを飲むかって。嫌いではないが、ジントニックのほうが好きだ。ウィスキーはやはりストレートかダブルロックに限る。個人的な嗜好からいえば、シングルモルトを一番好む。しかも、「病院臭い」ほど素晴らしい。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。