米中貿易戦争、最新時局解読と中国撤退・経営合理化セミナー開催へ

 米中貿易戦争は拡大化・激化する一途を辿っている。深刻な影響を受けて一部の外資企業はすでに中国撤退、アジアへの生産拠点の移転計画などの戦略調整に着々と取り組んでいる。いや、外資にとどまらず、中国企業の海外移転にも注意を向けたい。サプライチェーンそのものの再編に着目し、日系企業の中国・アジア戦略と事業プランの見直しと調整はもはや避けられず現下の急務となっている。

 11月8日、上海で「最新時局解読と中国撤退・経営合理化セミナー」を開催する。メディアに報じられていない深層を分析し、時局を徹底解読したうえで、企業戦略・実務の方向性を示していきたい。

<予定主要内容>
 ● 米中貿易戦争の背景と本質
 ● サプライチェーンの再編と産業集積
 ● 貿易戦争の長期化・劇症化シナリオ
 ● 外資企業への影響と戦略見直し
 ● 中国撤退・事業再編のキーポイント
 ● 中国残留組の経営合理化キーポイント
 ● 最新情報・事例分析

 セミナー参加のお申込みは、こちら

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。