「迷走する日本の『働き方改革』への処方箋」、Wedgeシリーズ連載開始

 このたび2019年1月から、ウェブメディア「Wedge」で私のコラムシリーズ連載「迷走する日本の『働き方改革』への処方箋」が始まった。

 働き方改革、日本の労働市場での一連の改革。この議論が提起されて、ずいぶん年月が経った。重要な政治アジェンダとしての意義を否定する人は少ないものの、なかなか議論が進まない現状に直面している。

 結論からいうと、「働き方改革」は「労働市場改革」であって、さらに言えば、「労働市場の流動化」にほかならない。広い既得権益層に多大な影響が及び、政権の基盤を揺るがすリスクをも孕んでいるだけに、デリケートな問題である。政府は切迫感に駆られて取り組もうとしながらも、公に言えないジレンマを抱えている以上、結果的に枝葉末節を取り上げざるを得ない。

 問題の本質とメカニズムを解明し、多様な働き方に対応する制度を提唱すべく、このシリーズの執筆に取り掛かりたい。

 まず、「第1回目、働き方改革の議論はなぜ進まないのか?」

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。