輸入博覧会で上海はピリピリ、立ち入り制限で物々しい警戒態勢

 11月4日(月)、上海滞在。

 ちょうど中国国際輸入博覧会(世界見本市)の開催期間中で、習近平氏や各国首脳らが上海に来ていることもあって、物々しい警戒態勢が敷かれていた。外灘近辺は特に警察の人数が凄い。

 一部通行止めも含めて、車両進入だけでなく、市民の立ち入りもかなり制限されている。のんびりとした南国で暮らしている私にとって、さぞかし驚くべき光景である。

 本当なら、こういう行事のとき、なるべく出張に行かないほうがよかった……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。