山羊畜産業中心の農場経営、UKファーム見学ツアー

<前回>

 農場見学ツアー。広大な敷地内を専用バスで回る。

 何といっても、UKファームの看板は山羊。牧草飼料を山羊に与えたり、子羊にミルクやりをしたりし、日常の山羊世話作業体験が面白い。思ったよりも臭くなく、管理が行き届いている。

 UKファームは、東京ディズニーランドより広い100エーカーの土地を生かして山羊を中心とした畜産業、食品加工業を営んでいる。様々な品種の山羊を6000頭ほど飼育しており、マレーシアで最大規模という。

 山羊の搾乳を見学して休憩を取る。売店コーナーで山羊アイスクリームを買って食べる。ツアーはまだまだ続く。山羊以外に農場はアヒルや鶏、ダチョウ、鹿、兎などを飼育している。

 放し飼いのカンポンチキン(マレー語、村の鶏)は特に元気がいい。ブロイラー鶏と違って痩せて見える。そもそも短期間で急激に肥らせる飼育法とまったく違う形で育てているわけだから、自然体といえる。

 正午、農場見学ツアーが終了。食堂に戻って昼食。ローカル中華料理は素朴で美味しい。

<次回>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。