不正投票疑惑のドミニオン社、公聴会欠席や事務所閉鎖相次ぐ

 米大統領選不正投票疑惑に絡んだ投票システム業者ドミニオン社は、カナダ・トロントにある本社やいくつの米国支店事務所を突然閉鎖、従業員も行方不明になった。米ペンシルベニア州では、同社に公聴会で状況を説明する機会を与えたが、当日突然欠席。さらに、同社の複数拠点が入居するビルは、ジョージ・ソロスが所有していることも判明。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。