中国経済の衰退と日系マーケット

 いくつかコンサル案件の受注内定が相次いで決まった。来年の中国出張回数と滞在日数を追加する方向でスケジュール調整に入った。

 全体的に中国の日系企業マーケットは縮小傾向である。コンサル同業で、いままで私と議論し中国にコンフィデンスを見せてきた日本人コンサルタントも最近、東南アジアに足を運び始めたようだ。

 中国経済の不振や衰退はすなわちすべての日系企業に悪影響を与えるわけではない。ただ中国の好況に頼り、ブーム便乗型の進出や市場参入は基盤の薄弱なものだ。いよいよ選別と淘汰の時代に入ったと言ってよい。

 わたしたちコンサルタントも同じくまさに、真価を問われる時代で、身の引き締まる思いである。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。