犬を飼わせてください

 10日前の7月2日に、我が家に新たな一員が増えました。ゴン太くんです。

24274

 誕生日は2008年10月5日、生後8ヶ月の子犬、オス、ドイツ原産のダックスフンド種、上海動物園生まれです。

 犬を飼うことで色々考えながら、あれこれ1年以上の準備期間を設けました。一番迷ったことは二つ。まず、家族の一員として、犬の一生世話していき、楽しく暮らしてもらえるかどうか、もう一つ、犬の死に直面したときその悲しみに耐えられるかどうか、この二つの自信が付くまで1年かかりました。その辺の話は、別の機会にし、まず上海で犬を飼うこと、その経緯を話しましょう。

 まず、法律人の悪い?良い?習慣か、法律を調べます。犬に関しては、「上海市犬類管理弁法」という法令があります。調べると、まず上海市内居住者で犬を飼う条件としては、「住宅面積が市区一人当たり平均住居面積の2倍以上、しかも、1世帯に1匹」と言うのがあります。これは、いずれもクリアできます。

 次、公安局に「養犬許可証」を申請し、取得することです。手続きには、犬の予防注射とかはもちろんのこと、一番面倒なことは、大家さんの許可です。私が住んでいるマンションは、香港系の不動産管理会社が管理しています。その許可を取るのに、いろんな交渉で、半年の時間がかかりました。最初は、断じて犬は許可しないとの一点張り。じゃ、他所に引越しますよと私が言い出しました。それから、他の物件の下見も実際に行きました。下見をしたことを、運転手経由でマンションの管理スタッフに情報を流しました。1週間後、管理会社から電話がかかってきました。犬はOKで、しかも、契約更新時の家賃は500元の減額に応じました。大勝利です!

 大家さんの了解だけでは足りません。私が住む部屋の上の階、下の階と隣の数世帯の住民からも了解の署名をとり、ようやく書類一式ができました。

<次回>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。