日系企業の将来はこれで決まる、中国人中堅幹部候補育成

 来年、2010年から、新たなコンサルティング・サービスを開始します。中国人中堅幹部候補育成プログラムです。

 日本企業の中国事業といえば、これまで、日本人トップや管理職だけで取り仕切ってきた企業が大多数ではないでしょうか。現地拠点のトップ責任者、人事・総務部長、財務部長、営業部長など経営の要となるポストは歴代、本社派遣の日本人駐在員が占めてきました。そして、枢要なポストへの中国人中堅従業員の登用とそれに備えた幹部候補の育成は、おざなりにされてきたきらいがあります。日本本社の経営方針を徹底するには、日本人駐在員への権限集中が欠かせず、効率も良い一方、経営補佐職に就く中国人幹部や中堅従業員のほとんどが、指示待ち型になってしまっています。こうなると、いざ権限を委譲しようとしても、リーダーシップを発揮できる人材がいません。また、日本人駐在員管理職自身も、いつまでも、業務の重圧から解放されません。

 経営の現地化は避けられない流れとして捉えたうえで、経営トップの国籍や人種がどうであれ、いずれ中国人中堅幹部や中堅従業員の存在は欠かせません。権限の委譲やキャリアパスの設計、パフォーマンスの考課評価ないし福利待遇面の見直しなど外部制度面のインフラ整備と同時に、教育や研修といった内面的なインフラ整備も、当座の急務となっています。

 このような現状に対応すべく、当社は独自の「中国人中堅従業員・幹部候補育成研修プログラム」を開発しました。

 先週までに、すでに3社から契約、契約内定を頂いています。会社内部の特別研修プログラムで、効果確保の意味でも、1社・1回につきせいぜい5~6名、私の受容範囲も年間4~5社が限界です。年に、日系企業へ20名~30名の中堅幹部を送り出すのが、目標です。2010年は1期生で、2~3年後を目途に日系企業向けの中国人幹部育成スクールを立ち上げたいと考えています。
 
■ 研修プログラムの主な内容
                                     
1.モチベーション形成 (「心」のインフラを整える)
  ● ビジネスパーソンの基本
  ● 中国文化における「礼・義・廉・恥」の基本、誠実と信頼の価値
  ● 「権利と義務、金銭と幸福」の関係
  ● 多様性共存への認識と順応力
  ● 日本の企業文化と日本企業で働く中国人のアイデンティティ
  ● 自分のための無形資産の形成

2.ロジック・シンキング
  ● 思考回路と思考力
  ● 原因究明のアプローチ
  ● 最適解決策決定
  ● リスク分析、情況分析と課題形成
  ● ビジネス現場におけるロジック・シンキングの活用
  ● ビジネス文書のロジカル・ライティング (構成力、表現力、ロジック組立力、中国語敬語の使用)

3.経営・法務
  ● 会社経営の仕組み
  ● コンプライアンスの基礎
  ● コーポレート・ガバナンスと内部統制
  ● 中国ビジネス法律 (会社法、契約法、知財法等)
  ● 法律と道徳
  ● 中国のビジネス環境・法的環境
  ● 中国における経営上のリスク管理

4.人事労務
  ● 中国の労働環境
  ● 「労働契約法」の基礎と企業の対策
  ● 人事労務制度の基礎
  ● 雇用形態の活用スキル
  ● 人事管理とキャリア管理
  ● リスク対策
  ● 労働紛争の解決

5.財務・会計・税務(一部外部講師担当)
  ● BS・PLの基礎知識
  ● 経営の全体像及び利益を上げる仕組み
  ● 経営的視点からのコスト意識
  ● 中国の税法と企業の税務プランニング
  ● 会計士事務所・監査事務所の活用法

6.マーケティング(一部外部講師担当)
  ● 顧客志向
  ● ポジショニング
  ● マーケティング・ミックス
  ● マーケティングと企業活動
  ● 中国市場の特性と国内販売の基本

7.営業・対人スキル・ビジネス交渉
  ● 顧客視点・顧客本位の基本理念
  ● ソーシャルスタイル理論 (自己主張度・感情表現度)
  ● 対応性向上スキル (自分を知る、自分をコントロールする、相手を知る、質問力、相手に働きかける)
  ● 信頼関係構築スキル (情報提供力、共感スキル、動機付けスキル、ラポールスキル)
  ● 提案型・課題解決型営業力
  ● 人脈形成と活用
  ● 利害衝突の解決と「Win・Win」体制構築スキル

8.リーダーシップ
  ● 利害関係 (全体利益、集団利益、親分子分関係)
  ● 周囲への働きかけ
  ● 期待される役割行動
  ● コーチの力と部下育成スキル
  ● 自己開発と相互啓発

9.中堅従業員・幹部実戦シミュレーション
  ● ワーキング・アイデンティティと役割(貢献分野)の設定・確認 (主体性・自律性の確立)
  ● 主体性のある役割に基づく業務設計
  ● 自己発見(コンピテンシチェック(自分の強み・弱み)、自分の志向、将来の姿、周囲の合意)
  ● 職場で抱える課題の洗い出し
  ● ケースシミュレーション
  ● ワーキングシナリオ作成 (環境・情況分析、ディスカッション、シナリオ作成)

10.マネージャーの基本
  ● 管理の基礎
  ● 仕事の管理 (戦略の立案と実施、制度づくり、業績達成、問題の先行予防)
  ● 部下の管理 (目標管理、モチベーション管理、メンタルケア)
  ● 洞察力
  ● 意思決定
  ● 変革力 (情報分析、伝達、協力調整、障壁排除、目標達成、主体性向上)
  ● 異文化共存の環境づくり
  ● 人間的魅力と教養 (幸福観、世界観、価値観、教養と雑学)

■ 研修プログラムの詳細ご案内
                                    
 構成: 10セッション
 所要期間: 通常1か月に1セッション(1日)、プログラムは10か月~1年。
 受講料: 6,000元/名・セッション、 50,000元/名(10セッション)
 実費: 上海市以外へ出張研修場合、講師の出張実費を別途お支払いいただきます。
 受講人数: 3名~8名/セッション
 受講対象者: 中堅従業員・幹部候補生(新卒入社後最低1年以上)
 研修形式: 講義形式でなく、コーチング形式によって体験学習中心で実践的に学んでいただきます。中国人従業員の特性に合わせ、自律性とモチベーションを整えたうえで、自分自身において納得性の高い学習過程を通じて、高い学習成果と実務活用成果を実現します。基本的に非公開の社内研修です。他社の参加者を受け入れませんので、各企業の実需に応じ、内容や日程に若干の変更も可能です。お気軽にご相談ください。
 担当講師: 立花 聡 (一部セッション・内容は、外部講師が担当します)
 使用言語: 中国語

==========================

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。