「説明」であっても「説得」ではないコンサル

 4月27日午前、吉祥航空で天津へ向かう。1泊2日の天津・北京出張。

 ハードスケジュールに体力を温存するためにも、最近は基本的にビジネスクラスかファーストクラスを利用する。横になり寝られるのが最大なメリットだ。たとえ、飛行中1時間程度の睡眠が取れただけでも到着時の状態がまったく違う。

36551b_2吉祥航空機内
36551_2朝食サービス

 エコノミークラスの場合、私は体格が大きく、隣の人に触れないよう気を使うと、凝りや疲れがひどくなる。後々ひびく。

 吉祥航空はめったに使わないが、ファーストクラスの割安チケットがあったので利用することになった。ゆったりした空間と本革の豪華シートがご自慢のようだ。しかし、肝心なフットレストがついていない。リクライニングも思い切って倒すことができない。これじゃ、まったく話にならない。といっても、睡眠不足の私は、あっという間に眠りに付く。自分のいびきが聞こえるほどだった。恥ずかしかったが・・・

36551_3今回泊まったのはホテル・ニッコー天津

 午後は、天津S社の総経理、人事管理部長と打ち合わせ。中国の労働法制度環境と人事制度改革の必要性をブリーフィングした後、すぐに着手するようにと総経理は制度刷新の判断を示す。人事にとても精通するお二人なので、話が早い。S社と対照的に、在中日系企業の一部は、未だに人事管理制度を後回しにしている。時間の経過につれ、明暗は分かれるだろう。私は、コンサルタントとして状況と必要性は説明するが、説得は一切しない。それは、各社の経営陣の判断事項だ。コンサルタントはロビイストでもなければセールスマンでもない。

36551_4これ、スッポンラーメン!

 夜は会食。最後に出てくる一風変わった「スッポンラーメン」は素晴らしい。なんといってもあの濃厚な旨みをもつ出汁が印象的だ。だいぶ酒を飲んだあとの「スッポンラーメン」は、満足感を数ランク引き上げてくれた。ご馳走さまでした。

 ホテルに戻って、バーでシガーとデザートリキュールをゆっくり楽しんで、一日を締めくくった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。