自宅敷地に盗賊侵入、4匹の愛犬は共闘で退治

 クアラルンプールの自宅に賊が入った。正確に言うと敷地内に不法侵入者が入った。昨晩の出来事だった。

 マレーシア時間夜8時過ぎ、ベトナムのハノイで会食中に、クアラルンプール自宅留守番のフィリピン人メイドから電話がかかってきた。「大変だ。泥棒が入りました。いま、家に警察がぞろぞろ来ました。調書を取られています」

150228-1505-Home警察調書控え

 まずは2回ほどゲートのドアベルを鳴らされ、駆けつけたメイドが応答すると呼び出しカメラの画面には誰も映っていなかった。不審に思ったメイドは2階に上がって窓から下を確認すると、怪しい男が家の外から中を覗きこんだり、ウロウロしているのが見えた。すぐに1階に下りて戸締りをしようとしたところ、4匹の犬がいっせいに窓外に向かって狂ったように吠え出す。そこを見ると、何と庭の中にあの男が立っていた。

141231-1256-Home140615-1416-Homeハチ(上)とハナ(下)

 メイドは慌てて犬を離すと、柴犬のハチとシェパード雑種のハナが猛スピードで飛び出し、攻撃を始める。男はこれを見て逃走するが、すでに遅かった。塀によじ登ったところ、ハチに足首を噛みつかれる。最終的に逃げ切ったが、負傷があったかどうか不明。

 攻撃にはハチとハナが向かうと同時に、屋内でしっかり防衛線を引いてくれたのはゴン太とマル。見事なチームワーク。

140615-1419-Home_01140519-1443-Home_01ゴン太(上)とマル(下)

 空き巣狙いの犯行(呼び出しで不在を確認する)。マレーシアでは最近警備付きのコンドミニアムでも時々発生していると聞くが、治安の悪化を身をもって体験した次第である。

 昨晩は地元の警察、そして日本大使館24時間当番にも通報済み。とりあえず一件落着。今回犯行未遂で終わったのも4匹の愛犬のお陰だ。本日は表彰式。

コメント: 自宅敷地に盗賊侵入、4匹の愛犬は共闘で退治

  1. http://www.malaysia-borneo.com/trouble/info.html

    上記のHPによると、マレーシアは、殺人発生率は日本の2.1倍、強盗発生率は日本の24倍だそうです。

    http://klmom.blog120.fc2.com/blog-entry-515.html

    これにはタクシーは使うなともあります。

    中国でもタクシー強盗が話題になった時期があったけれど、マレーシアも意外に犯罪率が高いんですね。強盗発生率が24倍と聞くと安心して住めるのだろうかとさえ心配になりますが、実感としてはどのようなものなのでしょうか。中国よりは安全ですか?

    1. 三上さん、ご提示の数字はその通りだと思います。当地日本人会や大使館からの通知もたびたび治安の話が出ます。強盗・窃盗について地域差がかなりありますので、平均的な感覚というのはなかなかありません。中国は最近住んでいないので言えませんが、全般的にクアラルンプールの治安は改善されている実感はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。