お世辞下手でも食い繋げる方法は?逆説的な逃避行

 私はお世辞が下手な人だ。下手なことが上達するよう努力しても、しょせんお世辞の上手な人には勝てない。

 世の中、お世辞上手な人が多すぎて、私は到底勝ち目がないことに気付いたのだった。まずサラリーマンとしての前途が絶望的だったことを自覚した。

 ならば、いっそのこと努力を放棄し、逆の方向へ行こうと決めた。お世辞を言わないことにした。それだけではない、批判や非難をどんどん口に出していうよう、毒舌を鍛えることにした。

 友人だけでなく、顧客にもズケズケものを言ったら、それは契約を切られることも多々あろう。いやそれでも辛うじて食い繋げることが分かったときから、さらに病み付きになった。

 というわけで、お世辞には大変憧れをもちながらそれを放棄したことにまったく心残りがないわけではない。某関係者にこう言われた。「立花さん、もうすこし丸くなっていたら、大儲けできたのに・・・」

 私だって大儲けしたい。が、世の中そううまく行かないのだ。お世辞下手な人でも、これだけの人生を歩めたことに感謝、感謝、また感謝である。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。