ハノイのお洒落系ベトナム料理店、米焼酎不在のストレス

 ハノイのヒルトン・オペラに泊まると、オペラハウス周辺の散策には都合が良い。食事も自然にこの界隈で取るようになる。

 「クラブ・オペラ」は洒落たベトナム料理店である。場所柄観光客向けの店だろうと弁えた上で入店してみると意外にもしっかりした料理だった。

 注文してからサーブされるまでの時間がやや長く、料理は既製品のアレンジでなく、一応きちんと素材の調理に手を加えていることが窺える。味もしっかりしていて合格点だ。

 今日のベトナムではハノイもホーチミンも、古き時代を彷彿させるオールドハウスあるいは館系のレストランがだいぶ増えてきている。観光客には良いが、リピーターにとってみれば時には食傷気味で敬遠してしまいがちだ。私もここのところ横丁の食堂に情熱を燃やし、いわゆるB級ファンの比重を増やしている。

 まあ、でもたまに趣向を変えるのも悪いことではない。それにしても少々肩が凝る。アルコール類もベトナム系の米焼酎が置いていないし、不完全燃焼のストレスが残る(レストランへの不満ではない。私自身の問題だ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。