日本人の根本的欠陥、秩序の内的修復力の欠落

 日本人の根本的欠陥は、主体性と能動性の欠落にある。

 具体的に言うと、自ら既存の秩序を内的に修復や最適化することができない。外的衝撃、しかもあらゆる秩序を転覆するような致命的衝撃によってしか変われない。その際の変化は、振り子のように一気に180度の対極に行ってしまうようなものである。

 現下そろそろ次の受動的な変化期に差し掛かろうとしているのかもしれない。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。