ベトナム日本人材協力センター(VJCC)訪問

 9月24日(火)、ベトナム日本人材協力センター(VJCC)グエン・ティ・ヒエン所長へ表敬訪問と情報交換。

 VJCCは、日越両国政府の合意のもとで設立された人材育成機関である。ベトナム経営人材の育成や日本語教育、交流事業を行っている。ベトナムの場合、親日的で、日本企業の経営や管理を学びたいという姿勢が目立つ。もちろんこれは大変良いことだ。特に日本の製造業はある意味でモデルになって良いと思う。

 ただ、日本企業はすべてが強みばかりではない。特に近年のグローバル化とともに日本企業の脆弱面も徐々に現れつつある。経営戦略やマーケティングは典型的な側面ではないだろうか。品質で勝負するのは大切だが、すべての場面に適用するとは限らない。海外市場にいかに順応していくか、課題が山積している。

 大変有意義な意見交換だった。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。