新型コロナウイルス対処における日中の異同比較

 新型コロナウイルスの対処において、日本の自民党政権と中国共産党政権との異同比較:

<類似点>
 ● 初動に遅れる。
 ● 軽症者を収容せず自宅待機させる。
 ● 確認検査を渋る。
 ● 発表データは実態を反映していない(未確認者除外される)
 ● WHOを持ち出す。
 ● 告発者を叩く(日本は逮捕できないが)
 ● コロナとインフルエンザの混同を誘導する。
 ● コロナの致死率が低いことを強調する。
 ● 政府の責任をほかに転嫁する。……など。

 ここまでは、日本の自民党が中国共産党に酷似している。以下は両者の相違だ。

<相違点>
 ● 封鎖
  中国は封鎖遮断を容赦なく国家公権力で行う。
  日本は中国来訪者すら遮断せず、国内も封鎖できない。
 ● 感染者・危険者対策
  中国は強制隔離・身柄拘束・逮捕を断行。
  日本は人権のため、自由行動させる。
 ● 行事停止
  中国はあらゆる集会行事を強制中止。
  日本は原則主催者の判断に委ねる。
 ● 出勤通学
  中国はすべて強制中止。
  日本は時間差出勤とテレワークを推奨するが、企業の各自判断に委ねる。
 ● 都市部・公共交通機関の人口密度
  中国は中・低。
  日本は高。
 ● 災害の最小限抑制
  武漢を潰して中国を救うことができる。
  東京を潰して日本を救うことができない。
 ● 外交・軍事
  中国は引き続き尖閣水域に侵入する。
  日本は自国足りたくとも中国にマスクを寄付し続ける。
 ● マスク
  習近平氏はマスクをする。
  安倍氏はマスクをしない。……など。

 いかがですか。自民党政権と中国共産党政権。捉え方にはよるが、前者がさらに劣悪ではないだろうか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。