私の改憲、前文や9条保留しながらのアプローチ

 憲法改正、いよいよ動き出す。安倍首相が言及する「加憲」は、現状を考慮したうえでのやや妥協的なアプローチではあるが、「第一歩」という意味においてその現実的意義が大きい。私なりに考えた「加え方」は以下の通りである。

 まず前文の「日本国民は、・・・平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」を、「日本国民は、・・・平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼しつつ、これらに背馳するあらゆる不正と邪悪と勇敢に戦い、われらの安全と生存を保持しようと決意した」に改める。

 「信頼」という純粋たる「性善説」に、もしもの時に備えたリスク管理たる「性悪説」を加え、バランスを取る。さらに問題の9条に関しては、1、2項を保留し、「但し書き」となる3項を加える。

 1、日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
 3.但し、日本国民の安全と生存を最大限に確保するうえで、国際法上の自衛権を完全に保有し、その実効性を担保すべく、自衛隊を保持する。

 これも前文同様、1、2項の単純な「性善説」に起因する危険という負の効果を3項をもって打ち消す。これにより、実効性を伴う真正な平和憲法となるだろう。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。