ペナン講演、在馬日系企業の雇用・賃金制度における問題点~事例分析

 8月13日(火)、ペナンで開催されるマレーシア日本人商工会議所(JACTIM)定例会でボランティア講演――「在馬日系企業の雇用・賃金制度における問題点~事例分析」。

 「辞めてほしくない人が辞めてしまう」「辞めてほしい人は辞めてくれない」「人件費がどんどん上がる」という3タイプの事例を挙げて、問題のメカニズムを究明し、問題解決の方向性を示す。

 「辞めてほしくない人が辞めてしまう」のは、会社の「引く力」不足。「辞めてほしい人が辞めてくれない」のは、会社の「押す力」不足。「人件費がどんどん上がる」のは、人件費の「固定費力」が強過ぎるからである。

 「引く力と押す力の力関係の均衡化」と「人件費の(一部)変動費化」が実現すれば、上記の問題が一気に解決する。マレーシアだけの話ではない……。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。