積丹と小樽の旅(1)~積丹を目指して、北海道学会のプレリュード

 名付けてプレリュード、北海道の小樽で開催される学会に先立って現地入りする。9月11日(水)夜、クアラルンプールから羽田に到着。空港のエクセルホテル東急に1泊。翌朝の乗り継ぎ便で8時台に札幌新千歳に着くと、レンタカーを拾い、小樽方面へ向かう。

 外国人の不動産ブームで話題となっているニセコを見て、昼食はリピーターのニッカウヰスキー余市蒸溜所で取る。ここの余市豚のカツサンドは絶品。車の運転でウイスキーが飲めないのが残念。

 余市から積丹までは30分ほどのドライブ。本日(9月12日)泊まるのは海鮮の宿みはらし荘。積丹半島にはいわゆる一流の温泉旅館はほとんどない。いや、立派な宿よりも、私は断然食重視派なので、このような宿がありがたい。食べ物が良ければすべて良しという私の歪んだ判断基準である。

 平日で宿泊客は2組しかいなく、居間と寝室という隣り合わせの2部屋もくれた。ありがたい、ありがたい。間の前は海。波打ち際のBGMに癒される。

 夕食が待ち遠しい。

<次回>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。