積丹と小樽の旅(2)~鮑料理は香港人客に大人気、小さな宿の不思議

<前回>

 みはらし荘の食はなかなか悪くない。季節最後の海胆もありがたいが、何よりもこの宿はアワビ料理が看板のようだ。

 当日の宿泊は、あと香港人の1組だけ。アワビといったら、香港人のウケが抜群に良い。広東料理の場合、アワビが高級食材で、少なくとも日常食ではない。

 ところが、香港人客がどのようにして「辺鄙な地方」のこの小さな宿にたどり着いたのか。興味があってご主人に聞いてみると、英語や中国語ができるわけでもなければ、特に外国人客を意識して宣伝しているわけでもない。なぜか、香港人やマレーシア華人系の客が多い。

 謎である。

<次回>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。