トランプはなぜ読めないか?

 トランプ大統領の動き、なかなか読めないというが、実は読み方の問題だ。

 トランプ氏は、「戦略を変えず、戦術を変える」という原則に徹している。たとえば、「香港人権・民主主義法案」の署名もそうだった。多くのメディア記事は、「トランプ大統領は署名するかしないか」にフォーカスしていたが、実はそうではなくて、「どう署名するか」の問題だった。

 もちろん、法案に拒否権を発動するのも一応仮説としてあり得るが、実質的にトランプ氏は既定の戦略を変えるつもりはまったくなく、戦術について様々な選択肢を吟味し、利益の最大化を図った。

 故に、戦略レベルでは「軍人」戦術レベルでは「商人」。これがトランプ氏の特徴ではないかと思う。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。