コロナ対策現場に見られる「法・理・情」

 「法・理・情」。――経営コンサルティング現場で、私が多用する概念である。コロナ対策現場にも適用する。

 ● 法=法令による強制力、罰則付き。
       ↑
 ● 理=ロックダウン、徹底した隔離という合理性。
       ↓
 ● 情=自粛の要請、自律性への期待。

 諸外国は、「理」(合理性)である隔離の実効性を上方の「法」で担保する。日本は、呼び掛けという下方の「情」に訴える。

 そこで差が出るわけだ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。