経済が回復基調、マレーシアのコロナ対策がなぜ成功したのか?

 マレーシア経済は回復し始めている。

 マレーシア統計局のデータをみると、まず年ベースでGDPは4月の-28.6%から6月の-3.2%へと落ち付きを取り戻しつつある。製造業は6月に+4.5%のプラスに転じている。小売業は4月の-32.4%から6月の-9.2%へと大幅の好転を見せている。国内観光業も概ね好況に転じ、ホテルの客室稼働率は4月の8.6%から8月の33%へと改善している。一部の観光地のそれが50%~80%に達している(8月21日付南洋商報)。

 マレーシアの場合やはり、過酷なロックダウンの功績が大きいといえよう。概ね4つの原因が見出せる。

 まず、一度徹底的に抑え込んだコロナ感染は、アンダーコントロール(制御下)に置かれている。なかなか感染者数をゼロにすることは難しいが、1日当たりは1桁から30名以下の2桁までの範囲内に一進一退しながらも、概ね安定している。

 2つ目、感染経路はほぼすべて押さえているため、ピンポイント・アタックが可能になり、効率を上げている。つまり、限定的な狭域を狙い撃ちしてクラスター潰しに取りかかることだ。広域的な大範囲・大規模ロックダウンは現時点必要なくなった。

 3つ目、行政や司法による強制力を緩めていない。マスクの強制着用がその好例。どんな理由があろうと、違反行為が見つかった時点で容赦なく高額罰金(通常1000リンギット、約2万5000円)。市民に恒常的緊張感を与えている。

 最後に、国民の体験型学習の効果が大きい。一度本格的なロックダウンを食らったところ、地獄の苦痛が身にしみて理解できるようになった。天国はないが、地獄に堕ちないためにどう行動すればいいか、国民はよく心得ている。

 今後も大丈夫だという保証はどこにもないが、とりあえず現時点ではマレーシアのコロナ対策が成功したといってよかろう。決して「マレーシア・モデル」と称して自慢する暇もなく、マレーシアは引き続き緊張感をもって防疫に当たっている。

 そもそもコロナ感染症の対策に「○○モデル」はない。あるとすれば、徹底した検査徹底した隔離徹底した追跡徹底した強制力という共通ルールではないだろうか。

 日本国内の論調「コロナ防疫か、経済を回すか」は間違っている。二項対立ではない。私の持論だが、防疫をなくして経済が成り立たない。経済を回すためにも、まずは疫病を抑え込むことだ。マレーシアが示してくれたのは「マレーシア・モデル」ではなく、ユニバーサルな原理であり、鉄則である。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。