人類史上最大規模の訴訟、ジョージア州で始まる

 人類史上最大規模の訴訟が、ジョージア州で始まる。パウエル弁護士が明らかにした一部の情報は、以下の通りだ。

 ① 被告が1000人以上、いずれも重大犯罪。
 ② ドミニオン投票システムによって、バイデンの得票率が1.25倍、トランプは0.75倍に設定された。
 ③ 民主党候補者(議員・州知事選)には、「タクシーの初乗り」として、3万5000票がベースになっていた。
 ④ バイデンの偽票は最低でも1000万票、死人票300万票、トランプからシフトされた票は700万票。
 ⑤ 2016年の民主党内選でドミニオン投票システムを使ってヒラリーがサンダースを制し、勝利した。サンダースは、巨額の補償金と豪邸1棟をもらって黙った。要するに金で当選権を売却した。
 ⑥ ジョージア州知事と州務長官はドミニオン投票システムの購入から巨額のリベートを得ていた。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。