コロナに勝ち目がない、1億総無責任ニッポン社会の宿命

 コロナが急速に拡散し、状況が悪化している。「政府の無策」と声高に批判する国民が多い。政府に責任がないわけではない。ただすべてが政府の責任ではないはずだ。

 とりわけ自粛要請について、より厳しい行動規制を主張する国民もいれば、まず経済を回せと叫ぶ国民もいる。つまり正反対の主張が存在している。政府のかじ取りが難しい。白か黒というわけにはいかない。さらに日本の場合、有事法制が存在しないために、政府は手足を縛りつけられている側面もある。

 日本社会は「空気」で出来ている。空気が醸成された時点で、その空気に相応することしかできない。危機対処は、早い段階で過剰な(やりすぎる)くらいの手を打つのが基本だが、日本はどうしても空気を読んで動かざるを得ない。結果的に戦力の逐次投入で失敗すると、「後手後手」と批判される。

 そうしたなかで、専門家も本音を語れない。彼たちも、空気を読んで、慎重に言葉を選ぶ。早い段階で厳しい措置を講じて危機から逃げ切ったとしても、そもそもそこまでやらなくても良かったじゃないかと、経済が破壊されたことでまた批判される。やられてみないと、やられたときの惨状が語れない。早期危機回避の功績は立証できないわけだ。

 言霊文化をもつ日本人は、危機にめっぽう弱い。言い出しっぺが損をする。習得よりも体得する。論理的に議論しても、「コト」の議論ができずに、「ヒト」に攻撃を仕掛ける。あいつは左翼とか右翼とかレッテルまで貼られる。だから、まともな人は出る杭にはならない。

 そうしていると、まずやられてみることが、最適解・最善策になる。馬鹿馬鹿しいが。血だらけになって滅茶苦茶にやられたところで、今後180度の反対方向にぶれる。太平洋戦争は好例。コロナに関して、成功事例だった台湾から学ぼうとかいうが、日本のOSには、台湾アプリはインストールできないし、作動もしない。

 コロナで経済的損害を食らった国民の一部は、他国と比べて日本の感染者や死者が少ないとか、コロナはただの風邪だとか、メディアが煽っているとか、あれこれ並べて文句をいい、政府を批判する。結局自己利益からきている。

 では、あなたは何を主張したいのかと問い詰めると、大体言葉を濁す。「自粛をすぐに解除しろ」とはっきりいわないのだ。なぜいわないのかというと、責任を取れないし、取りたくないからだ。あっそう、あなたでさえも取れない責任を政治家に取らせようとするのか?酷いじゃないか。政治家だって生身の人間だから、もちろん自己利益を考える。

 だいたい自粛を解除したところで、インドのようにコロナが氾濫したら、ボコボコにされるのが目に見えている。こういう無責任な国民でさえも明言したがらないことを忖度してまでリスクを冒して責任を取るほどの馬鹿は、世の中にいない。

 果断な危機回避もできなければ、思い切った自粛解除もできない。最終的に、どうみても効かないだろうという生ぬるい自粛要請を繰り返すのが政治的な最適解であり、最善策である。だから、政治家も国民も誰もが責任を取れない、取りたくない1億総無責任国家ニッポンは、やられる宿命にある。

 日本社会では、責任を取ることが奨励されていないし、インセンティブも設けられていない。あるのは身の破滅というリスクのみ。だから、無責任も当然であり、批判されるべきではない。

 そういう意味で、とにかく個人ベースの自己防衛。これに尽きる。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。