MM2HとMM1Hの複線化、マレーシア移住制度へ提案

 マレーシア移住ビザMM2Hの条件改定(大幅引き上げ)について、関係組織経由で当局へ以下趣旨の意見・提案を提出した――。

 マレーシア国益に合致し、合理的な制度改正を尊重し、支持する。このたびのMM2H条件は大幅に引き上げられたが、それが永住権(PR)付与を伴うものであれば、合理的であり、受け入れられるものである。従って、以下提案する。

 (1) 制度の複線化(Twin Tier System)、以下2つのTierに分ける。
 Basic TierMM2H、セカンドホームの長期滞在型、旧条件(現状MM2Hの条件)を維持する。
 Premium TierMM1H、ファーストホームの永住(PR)型、新条件を適用する。

 (2) Basic TierのMM2H既存保有者には、Basic Tierの地位を保証する(不遡及原則)。一方、自らの意思により、新条件適用で、Premium Tierへのアップグレードを申請することができる。なお、Basic→Premiumを可とするが、逆を不可とする一方通行型とする。

 (3) 2021年10月以降の新規申請者には、マレーシア政府は以下いずれかの選択を行う。
 ① 単線(Single Tier)として、Premium Tier申請のみ受理する。
 ② 複線(Twin Tiers)として、Premium Tier申請とBasic Tier申請を同時受理する。両Tierの受け入れ比率は、当局が状況次第で柔軟に調整する。

以上

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。