日本人が必要とする「課長」

 岸田首相に対する保守の批判が増えてきている。

 でも、岸田氏はみんなが投票して与党にした自民党からきちんと選ばれたトップなのだ。しかも、66.9%という高い支持率(現時点)を得て、民意に支えられているのだ。

 だから、批判者は少なくとも少数派である。岸田氏は課長器といえども、日本人は「課長」しか必要としていないのだ。
 
 トップの問題ではない。問題があるとすれば、国民の問題だ。民主主義の問題は行き着くところ、国民の問題だ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。