ウクライナの早期降伏、世界にとっての最善

 ポロリと本音を吐いたのは、ウクライナ訪問を終えたオースティン米国防長官(2022年4月24日)――。「アメリカの目標はロシアを弱体化させ、近隣諸国を侵略する力を持たせないことだ」

 ロシアは世界級の軍事大国だ。そんな大国が隣国を侵略する力を持たない状態とは、どんな状態か想像してほしい。そこで3つの問いが生まれる。

 ① アメリカは、そこまでロシアを負かすことができるのか?
 ② ロシアは、そこまで負けることをすんなりと受け入れるのか?核という手段を放棄して負けるということをだ。
 ③ 中国は、ロシアの敗戦、アメリカが北方国境までやってくることを座視するのか?

 この3つの問いに答えたところ、世界にとっての最善はウクライナの早期降伏である、という結論に至るはずだ。帝王学には、「善」と「悪」の概念がない。だから、民主主義にどっぷり浸かっている人々には通じない。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。