スープに揚げ春巻漬けて食す、ブンチャの比較食文化的連想

 ベトナムは麺の美味しい国である。有名なフォー(Pho)以外に、ブンチャ(Bun Cha)というユニークな麺がある。

141202-1123-Hanoi-つけ麺ブンチャ

 分かりやすく言えば、つけ麺のベトナム版。麺そのものが白い米ベースでフォーと大差がない。面白いのはあの機能的なスープ(つけ汁的な存在)である。出汁がよく効いていて麺のほかに、ベトナム名物の揚げ春巻をサイドディッシュとして注文し、麺と同じ要領でスープに付けて食すのである。

141202-1129-Hanoi-つけ麺ブンチャ

 一瞬にしてその揚げ春巻が、中国の油条(ユーティオ、スープや豆乳に付けて食べる)のような存在に変身する。揚げ春巻のパリパリ感がフニャフニャ感に変わったとき、またその味わい深いしっとり感が極旨である。日本の天ぷらそばに通じるところがあるのかもしれない。

 ブンチャの具材も面白い。チャーシューっぽい肉のほかにハンバーグのような肉団子もスープに入っていて、あっさりした麺とのコントラストが素晴らしい。

141202-1148-Hanoi-つけ麺ブンチャ_01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。