ベトナムで「立花塾」キックオフへ、まずはハノイ周辺北部絞り込む

 12月3日(水)、ハノイ発ベトナム航空VN681便で19:40、クアラルンプールに帰還。今回の出張は9泊、幕張メッセのハラール・エキスポ視察、広州自社セミナー、深圳和僑会講演、ハノイ視察と内容が盛り沢山、そして成果も盛り沢山。

141203-1726-VN681-HAN-KULハノイ発ベトナム航空VN681便でKLへ

 ベトナムでは、私が中国でやってきた「立花塾」のベトナム版を立ち上げ、日系企業中堅幹部育成研修プログラムをスタートすることになった。3日間にわたるハノイでのマーケティング調査で、現地日系企業の課題を共有し、ニーズを確認したうえでの決断である。運営面では、ハノイ在住の経営コンサルタント、豊田英司氏との業務提携を予定している。

141202-2109-Hanoi-Wild Lotusハノイ現地での交流会

 第一弾としては、年明けての2月、ハノイで講演会と勉強会を開催することになり、その時に業務内容等々を正式発表する予定である。ベトナム業務は当初、人事労務コンサルニーズが旺盛な大手企業が集結するハノイ周辺北部地域に絞り込んで展開する。

 マレーシアに移住して1年間のんびりしてきたが、いよいよ中国業務に併行してアジア業務が本格的に動き出そうとしている。中国での経験とノウハウがアジアにおいても十分に通用するものが多い一方、アジアという視座や目線で中国を俯瞰した時の視野の広がりが間違いなく中国業務に大きなプラスになっていくのであろう。

 勉強、勉強、勉強・・・。勉強ほど楽しいことはない。ワクワクしてのクアラルンプール帰還。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。