マレーシアで新卒向けの「立花塾」ジュニア版を立ち上げる

 立ち上げてちょうど10年になるマネージャー育成「立花塾」だが、今度マレーシア・ジュニア版を企画している。収益ゼロのボランティア形態にし、年内にスタートしたい。

 日系企業アジア現地マネージャーの育成をやってきたところで、数々の課題が浮上した(ここで書けないものもたくさんある)。一部の現地マネージャーはもう少し早い段階で教育を始めたら、結果がかなり違っていたかもしれないと痛感している。そこで(新卒)ジュニア版の教育に取り組もうと決心した。

 マレーシアは、人材流出が止まらない。国内賃金の低さから、優秀な人材にはシンガポールやアメリカの就職先しか選択肢がなかった。どのような施策があれば、優秀な人材をマレーシア国内に定着させることができるのか。これは大きな課題である。大学教育の問題、卒業後の継続教育研修の問題、企業制度の問題、人材紹介会社の問題、起業にかかわる諸問題・・・。このような問題グループを抱えている以上、ただ企業側の経営コンサルタントや教育者のポジションにとどまるだけでは、取り組むことができない。

 そこで、私は人材(Talent)側に立ち、人材を軸に多方向的に展開する形にした。一方では、ジュニア人材を相手にする以上、無報酬にするのが理にかなっている。選び抜かれた優秀な人材に付加価値をただひたすらつけていく。マレーシアから大変恩恵を受けてきた私としては、恩返ししなければならない。

 売上げや利益に関しては、将来的に第2フェーズ以降企業をはじめ多面的なサードパーティーとのかかわりを深めることによって上げていくつもりだ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。