三三七拍子も一本締めもよし、華僑の野心と和僑のオアシス

<前回>

 和僑会関連の話、今日も続く。フェイスブックに書き込みがあった。

 「華僑は生きる為に自然発生的に出来た名称であり、組織でない。 組織として作り上げている和僑とは、性質が全く異なると違和感を覚える」

 本質を突いた言及である。華僑総会や華商総会たるものは確かに自然発生した利益集団の後付け的な「追認型組織」といえよう。しかもその組織は政治で経済を制すという意図を持っている。これは決して看過できない。

 一昨日、6月23日付のマレーシア華語紙「人民郵報」は、香港の学者・陳雲氏の「華僑都市国家論」を紹介した。氏はマレーシア政府に、華僑・華人が集中する都市を国家化し、新たな「Federal Member State」(連邦構成員州)の結成を呼び掛けている。いわゆる「準シンガポール」の都市国家の結成だ。さらに、「中共はマレーシア政府と協議し、一部の華人都市を都市国家化し、そこで香港は都市国家の身分で南洋で政治や貿易を行い、海洋中華の構築に協力していく」と政治的意図を明確に披露した。

 華僑を真似するかどうかは別にしても、「華僑」を強く意識した「和僑」の会であれば、華僑の本質を見抜かずにして真の発展を語れるのだろうか。少なくとも華僑型の発展は難しいだろう。直感的に、自分の感覚から言ってしまえば、「狩猟型」と「農耕型」の相違だ。ただし、両者に正誤の判定は存在しない。「日僑」ではなく、「和僑」に拘ったのもムラをベースとした農耕コミュニティーに必要とする協力関係に価値が置かれたからであろう。

 それは何も間違っていない。このような「和僑」の概念であれば、コミュニティーの構成員において物心両面の強い連帯が必要不可欠だ。脱落者を出さないという心配りだけでなく、資源の共有ないしある意味で収穫の公平分配も必要になってくる。

 海外のどこにいっても、「県人会」たるものが存在する。定期的に勉強会や飲み会を催し、一気飲みの掛け声に熱中する人、わいわいやっている間に名刺を配りまくって日本人向けの商売に精を出す人・・・、最後に三三七拍子か一本締めかでほろ酔い気分でまめるのも何と微笑ましいことか。

 厳しい狩猟社会である海外の地に、平和な農耕的オアシス、その束の間の平和が多くの日本人にとってかけがえのないプレシャス・モーメントだ。素晴らしいことではないか。

 そういう意味で、和僑会は「在外全日本県人会連合」から駐在員を自然疎外した存在ではないかと、私個人的にそう感じてしまう。

<続く>

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。