中国の労働紛争の調停制度とは?キーポイントを知る

 「調停」とは、仲裁や裁判のように裁決や判決で勝ち負けを決めるのではなく、当事者の言い分を聴き、法律的な評価をもとに条理に基づいて歩み寄りを促し、当事者の合意によって実情に即した解決を図る手続である。
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。