【時事解読】台湾は英語を第2公用語に、東南アジア中心へ戦略転換

 台湾は、英語を中国語(台湾では「国語」と呼ばれているが)に次ぐ第2の公用語とする「双語国家」政策を来年にも確立する。台湾行政院(内閣)の頼清徳院長はこのほど方向性を明かにした(8月27日付け台湾「聯
タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。