パンデミックは3月にも終結か、みんなハッピーで何より

 「ウイルスは消えないが、パンデミックは22年3月にも終結する」――世界トップクラスの査読制医学誌ランセット(1月19日付)がそう言うのだから、信じた方がいい。

 終わるか終らないかよりも、終わる(終える)ことになっている。「終息」「収束」よりも、「終結」という言葉を使いたい。

 「ウイルス」客観的存在だが、「パンデミック(世界的大流行)」主観的定義である。だから、パンデミックには人為的終結宣言ができるのだ。理に適っている。

 ランセット誌に呼応するように世界保健機関(WHO)のクルーゲ欧州地域事務局長は1月23日、AFP通信のインタビューに応じ、オミクロン株が猛威を振るう欧州で、パンデミックが収束に向かう可能性があるとする見解を示した。

 中国もこれでメンツを潰すことなく、「ゼロコロナ」政策を下ろすことができよう。みんなハッピーで何よりだ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。