嫉妬!日本の問題の根源

 某友人のフェイスブック投稿を引用する――

 「力のある若者を『殺してきた』日本。能力のある人間、新しいことをやる人間、大きな発明をする人間は、その芽をことごとく潰されてきた。日本で潰された優秀な彼らは海を渡り、中韓等を豊かにしてきた。『日本人のDNAは嫉妬でできている』、田中角栄の示唆に富んだ言葉だ。圧倒的多くのルサンチマンに、ホリエモン、村上ファンド、堤さんは、『殺され』てきた。超金持ちを放置して、どんどん稼がせて税収を増やして、それで儲けられない人々を救うのが『再配分』だが…」(以上引用)

 だから、優秀な外国人は日本に行かない。優秀な日本人は日本に残らない。日本は中国に追い抜かれ、韓国にも、台湾にも、もしや将来ベトナムにも追い抜かれる。

 日本の問題の根源は、「嫉妬」。優秀な人の「上級国民化」を許さないからだ。上級がいるくらいなら、全員が下級のほうがマシだ。これが日本の宿命!

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。