青山繁晴氏参院出馬、久しぶりの「ほぼ完全納得」候補

 青山繁晴(しげはる)氏。参院選に、自民党から比例代表で立候補する。久しぶりの「ほぼ完全納得」候補。

 1.「1期しかやらない」宣言。悪しき職業政治家にならないためだ。

 2.「1円も受け取らない」宣言。政治献金は個人・企業団体を問わず1円たりとも受け取らない。「政治はボランティアだ」という始まりにする。

 3.「経済のタブーを破る」宣言。農業の輸出産業への転換。

 4.「安全保障・外交のタブーを破る」宣言。拉致問題、竹島と北方領土問題、尖閣諸島の防衛問題への新手法の導入。

 4つの宣言にはいずれも、拍手を送りたい。ただ、「5つ目の宣言」が欠落している。青山氏の心の中にはしっかり持たれているとは信じている――。憲法改正には正面から取り組むことである。

 青山繁晴氏に頑張ってもらいたい。叩き潰されないように頑張ってもらいたい。既得利益に負けるな!

タグ:

コメント: 青山繁晴氏参院出馬、久しぶりの「ほぼ完全納得」候補

  1. まだ日本の政治に期待するのですか?

    この中に政治を持ち込むことはどうかと・・・

    1.  希望があっての失望。失望があっての希望。人間ってそういう動物なのかもしれません。ただ自分の人生だけは政治に期待しない、政治や国頼みにしないのが原則です。私利私欲的な考え方ですみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。