コンサル会社のIT経営変革、モデル模索中

 2日間、ITの勉強に専念。社内基幹システムのプラットフォームの方向性がほぼ決定。

 それだけでなく、自社コンサル事業のIT経営変革モデルも見えてきた。顧客企業を巻き込んだIT環境の構築を考えるようになった。

 セミナー、レポート配信、メール・対面という現状の3大ツールに段階的に革命的な改革を施す。即時性と共有性による高付加価値の付与。いくらでも可能性があるじゃないか。

 eラーニングも引っ張り込みたい。このままだと、コンサルタントとして何歳年を取っても、仕事を続けられる。嬉しいのか悲しいのか・・・。いや、面白い。面白過ぎる。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。