頑張る思考停止症候群、日本企業上がりの外国人

 日系企業上がりの外国人で日本化されたところは、概ね共通して「頑張る」をよく頻繁に口にすることだ。

 で、私は「どんな頑張り方?」と突っ込むと、「一生懸命頑張る」と答える。「一生懸命とはどんなふうに?」「一生懸命頑張っても結果が悪かったらどうするの?」とどんどん突っ込むと、可哀想に真っ青になる。日本企業で感染された病気、「頑張る思考停止症候群」だ。

 ただ頑張るだけで報われない時代になりつつあるなか、大切なのは「頑張り方」ではないかと私は思う。それを教育している日系企業はどのくらいいるのだろうか。

 「頑張る」という英語はないというが、私が訳すと、「Make it happen」だ。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。