来店客激減、うなぎ老舗「登亭」も悲鳴を上げる

 2月9日(日)、東京滞在。昼食は銀座の登亭に出向く。

 客が少ない。正午前の入店。いつもこの時間なら列をなしていたのだが、今日は空席が目立つ。1時間ほどの間に、来店客はわずか9名。

 「お客さん、少し減りましたね」と私が話しかけると、店員は「少しどころではないんですよ」と悲鳴を上げる。

 味は相変わらずうまい。ウイルス、いつまで続くのか。誰も分からない。大変な時期だが、頑張ってほしい。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。