太陽が眩しい、48日ぶりの屋外散歩

 5月4日(月)、ロックダウン48日目。先週末突然の政府発表で、ロックダウンの繰り上げ一部緩和・解除。様子が劇的に改善したわけではないので、とりあえず団地構内の散歩にとどまる。

 早朝7時、愛犬たちと家を出る。48日ぶりの解禁で住民が湧き出るように屋外に殺到するかと思いきや、至って平静。いつもと変わらない人出。散歩道ですれ違うときも、笑顔で「Good Morning」と挨拶しながら、互いに譲り合って2~3メートルの「社会的距離」を置いて去っていく。

 犬たちもなぜか穏やかになった。いつも仲の悪い相手とすれ違うと必ず吠えて喧嘩腰になるが、今日は攻撃的な姿勢もなく、至って穏やか。気のせいかな。動物たちも待ちに待った屋外散歩、そのひと時の大切さを改めて認識し、「犬生観」が変わったのだろうか。まあ、微笑ましいこと。

 ただ、状況が相変わらず厳しい。新規感染確認者数はこの数日また100を超える3桁にぶり返している。マレーシア国内ではロックダウン解除への反対の声が大きい。一部の州は中央政府の決定に反発し、独自の厳しいルールを敷いている。しばらく様子見だ。何よりも屋外の散歩ができるだけでも、ありがたい。

 ゴルフコース回りの1週は5キロ。ゆっくり1時間以上かけて散歩を満喫。太陽が眩しい。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。