とことん感染者を追うマレーシアと目を覆う日本

 マレーシアでは、複数の交通事故死や他疾患死や自殺者の死体から、コロナ感染が検出されている。同国は今後、複数死因の死者でも、コロナ感染さえ検出されれば、コロナ死とカウントするとし、実態を追う姿勢を明らかにした。

 完全ロックダウンや徹底したPCR検査をしているマレーシアでも、これだけの死後感染が見つかったということは、無症状感染者がいかに多いかというを証明している。

 日本の市中、どれだけの無症状者が活動しているのだろうか。

 「死者数の少なさ」で自慢する日本人もいるが、では、死者数を見てみよう。ベトナムがゼロという極端な事例を除外して、マレーシアの場合は、コロナ死亡者113人、人口比で日本の725人(いずれも2020年5月17日現時点の数字)と比べて、死亡率は日本の6割ほどと低い。しかし、マレーシアは「死者数の少なさ」で自慢しているわけではない。とにかく、感染者の捕捉に全力を挙げている。

 検査しないという日本はやはりいびつだ。無闇に検査をすると、世間に極度の不安が広がり、パニックに陥るというが、では、徹底した検査を行う他国ではなぜそうならないのか。それは日本人が他国人と比べて未熟というのだろうか。

 要するに、日本は目を覆い、感染の実態をいつまでも謎のままにしておき、災厄を乗り切ろうとしているわけだ。さて、果たしてそれが可能なのだろうか。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です。